« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

2005-06-30

雨。

 雨が好き どんな雨の日も

 たとえどしゃ降りでも 雨が好き
 
 雨は色んなモノを 洗い流してくれる

 アタシの嫌な感情も

 アタシの悲しい想いも

 雨は色んなコトを 教えてくれる

 頑張って水たまりを飛び越えることも

 時に我慢することが必要であることも

 いろんな人が雨を待っている

 世界中に雨が降りそそいでいる

 たまには雨に濡れながら

 たまには雨に抱かれながら

 一人で そっと出かけよう

 そしたら きっと見つかる

 今 アタシの進むべき道が

 雨がやんでる 彼方に

 ほら 虹が出ている彼方に

 明るい道が照らされてるよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-06-29

自分自身と向かい合う。

 もしも、あの時こうしてればよかったのに。もしも、あの時あんな言葉さえ言わなければ。・・・なんて思い返すとキリがないね。生きていく上で、ある種の選択肢ってモンが幾つもある。モノゴコロついた辺りから、進むべき道、進んだ方がヨイと思う道を一つずつ、一つずつ選択して生きて来てるんだよね。あぁ、あの時あっちの道を選んでたらなぁ・・・なんて振り返ったら負け。もちろん後戻りできないし、その時の自分が決心した事だから。過去を振り返ることは自分に負けることなんだとアタシは思ってる。だからアタシは負け。あの時、親の反対を押しきってでも、公立中学に行ってれば・・・とか、安易に2次募集でエスカレーター式の大学に進まずに、恩師の言うとおり浪人してれば・・・とか。数え切れない程に負け越してるな、アタシって。
でも、最近は齢を重ねるたびに、自分に自信を持とうと、自分で決めたことは振り返らない。・・・ようにしてるよ(泣)。何故かって?いずれおばあちゃんになって死ぬ時に、「あ~あ、嫌な人生だった。」と思うより「イイ人生だったなぁ・・・幸せだったよ。先に行ってる友よ、今から行くからね。まだ残ってる友よ、先に行って楽しみながら待ってるよ。」って思いながら「ご臨終です」って言われたいもん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-06-28

朝から見たかねぇ~な。

SGE
 「引っ越し~!引っ越し~!早よ引越しせ~よ!シバくぞ!」・・・・・・・朝一番にアタシの目と耳に入ってきたのは8時からの「と○ダネ!」のニュース。あれは奈良県の人。関西人はみんなあんなオバハンばっかりと思われないか、心配になってしまうよ。アタシは関西圏だけど、あれはナイと思うな。でもリズム感はイイぞ、あのオバハン。ちゃんとノッテルからさ♪また、あの顔!キャラ的にはスバラシイ!ま、他人事だから言えるんであって、あれが家の前にいたら、持ち家でも引っ越すね。怖いもん。あぁ、怖い、怖い。オバハンの顔、この画像じゃなかった?え、違ったか。ハハハッ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-06-27

想うとき

貴方を想うとき
ふと空を見上げる
このどこかで繋がってるから

貴方を想うとき
ふと優しい気持ちになる
いっぱい優しくしてくれるから

貴方を想うとき
ふと自分を抱きしめる
腕で包まれた感触が残ってるから

貴方を想う時
ふと身体が熱くなる
まだ抱き合った温もりを覚えてるから

貴方を想うとき
ふと笑みがこぼれる
優しい笑顔が目に浮かぶから

貴方を想うとき
ふと涙がこぼれる
今 他の誰かといると思うから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-06-26

カラ梅雨?

 梅雨入り宣言があったのに、雨が降ったのはチラッとだけ。まぁ、テクテク徒歩かキーコキーコ自転車しか移動手段のないアタシにとっては、晴れはアリガタイのだけれど、農家の皆さん、ダムの管理の皆さんにとっては、笑い事では済まないのね。日々深刻になってきてる。四国方面なんて、40%の取水制限だって!田んぼも干上がってしまう!この前テレビのニュースでも、地方で伝わる雨乞いの踊りを見たけど、ホント神頼みしかないね。しかも風のキツイこと!キャスケット帽も風で飛びそうになったよ。ま、もともと頭小さいから、帽子はなんでもブカブカでかぶってるからね。中身も小さいって?うるさい!放っておいてよ!でも、つくづく身にしみて分かった。HTMLがさっぱり理解できない。やっぱ2500円出してでもHTMLの教本買ってくればよかった・・・最近夜は他の仲間サイトさんをコメント書き書き回り、自分のHPを見て、コメントのレスして、またサイトさんを回ってコメントのレスを見るっつーサイクルになってるから、寝不足もいいとこ。わお、もう夕方の4時ってか?お部屋の片付けでもしよう。このままだと、寝るところすら確保できない!アデュ~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-06-25

寝たのは午前3時。

nikki0808やぁ、みんな元気~?アタシはヘロヘロだわさ。昨日言ってた、ニコのもう一つの顔のHPをせっせと工事してたのよ!それも何の知識もなく(HTMLって何?って状況で!)HP立ち上げって、正直きつかった。疲れたし肩もこったよ。よくアニメで頭の上に?マークがいっぱい書いてあるのってあるぢゃん?あーゆう感じだったね。誰かアタシにお祝いの花束ちょーだいよ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-06-24

ホッと一息。

今日はニコのもう一つの顔のブログと板の工事をしてたので、ほとほと疲れた・・・ややこしいからHPにしようと思ったら、その作業の方がややこしかった・・・というオチ。クソッ!PCの知識のうすいヤツが変にブログとかに手を出したのが間違いだった。素直に鉛筆で日記帳に書いてればよかったな。ニコはカウンターもつけてないし、誰が見てるかも分かんないから気が楽だけどさ。も一つの方は、ちがうトコを使ってるからややこしいのよん。こんな今からコーヒーブレイク。ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-06-23

気持ちと天気が一緒。

 どんよりしてる。アタシの気持ちも天気も。昔からお世話になってる医者に、「夜更かしは禁止」って言われてるのに、どうしても体内時計が狂ってしまう。友からは「朝の太陽の光を浴びたらいい」とか、汗かいて疲れるくらい運動して早く寝る」とか、色んな助言をいただいてるが、低血圧のせいもあり何もしないままにお昼になることも少なくないね。起きたら12時ってビックリするよ!昨日はホント壊れてたね。自分でも思うよ。後ろ向き、ネガティブ、閉鎖的・・・
 来週から気持ちを入れ替えて、ニコニコのニコに戻ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-06-22

人間不信だね。

 もしも孤独を感じた時は 自分をこうやって慰める
 
 しょせん独りで生まれ 独りで死んでいくのだから
 どんな他人でも 孤独を感じる時はあるのだから
 身の周りの人と 醜い争いをしなくてすむのだから
 
 もしも幸福を感じた時は 自分をこうやって戒める

 しょせん幸福と不幸は 交互にやってくるのだから
 これが幸福かどうか 自分にしか判らないのだから
 幸福というものは 長続きする事ではないのだから

 もしも他人を信じられなくなった時は その時は

 自分自身をも 信じられなくなっているのだろうか 
 
 ******************************

 最近、少し人間不信に陥っている。今、ニコはイヤな事続きなんだ。だから退廃的な文章しか書けないのかな。ヤだなぁ。向こうから少し顔見知りの人間がやってくると、帽子を目深にかぶり、目を合わさないようにしてしまう。
人の噂話で「あ、そうなんだ」と相づちを打つと、それが同意したことになり、他の人に「彼女もそう言ってたよ」と言われることになるらしい。オンナだけの世界って、すごくキタナイ時がある。一つの話が百になって自分の元に戻ってくるんだよ。それも変形して。そういう事ってオトコたちの世界にはナイぢゃん?多分。もっとサバサバしてそうな感じ。
 ニコは今すごく傷ついてる。でも、それを癒してくれる友達(勝手に思ってるだけかも)もいるんだけどね。その友達に感謝!

| | トラックバック (0)

2005-06-21

短い詩なら浮かぶのに。

 また詩を書いてしまった。詩ならふと浮かんでくるんだな。で、また室井師匠にトラバしたよ。一人一人に、短いけどレスしてくれるからアリガタイ。室井さんも今、恋愛モードに入って、かなりお忙しいご様子。今日の「とくダネ」の衣装も可愛いのを着てるなぁ・・・表情も明るい。35歳で子持ちで恋愛してるなんて、ある意味すごいよね。同じ境遇ではないけど、あの人って、いろんな修羅場を乗り越えて、(ある時はレースクイーン、ある時はホステス・・・色んな経歴の持ち主)今の作家って地位を築いた人だけに、何があってもおかしくはないよな。次に何をしでかしてもアタシは応援してしまうよ。
 もう梅雨入り。雨がうれしい人もあり、うれしくない人もあり、人様々だなぁ・・と最近感じる日々。みんな自分の定規を持ってて、それを当てはめて規定内、外をそれぞれで決めている。みんな定規の長さも違うし、単位も違ったりする。アタシも反省する点多し。他人を相手にして自分と比べて競うんではなく、自分自身と向かい合って自分と戦うべきなんだね。難しいことだけどさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-06-20

タイムリミット

 ニコ(30代) 遠くにいるオトコ友達Tへ


 アタシの魂の半分 閻魔様に奪われてもイイ
 
 アタシの心の半分 悪魔に差し出してもイイ


 そのかわりに

 その見返りに


 あの人の気持ちをアタシにちょうだい

 あの人の微笑みをアタシにちょうだい


 誰に恨まれてもイイんだ

 誰が悲しんでもイイんだ


 残りの魂が尽きるまで  あの人を愛するから

 残りの心が純粋な間に あの人を愛するから


 終わりの時が近づいても

 決しては後悔はしないよ


 アタシの全部であの人を愛せるんだから

 アタシは笑って  地獄に行けるんだから

*******************************

 室井師匠、公私ともにお忙しい中、3通目の投稿です。
 自分なりにどういうスタイルで書くのが適してるのかが
 分からないので、模索しながら書いてます。
 よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-06-19

昨日は久々に。

 昨日は久々に電車まで乗って、数名と晩ご飯食べたんだ。アルコールと一緒に飲んではいけない薬を常用してるのにも関わらず、「え~い、飲んじまえ~!」・・・といっても2杯だけ。でも久々に飲むアルコールは美味い!文句なしに美味い!顔にも出ないし、気持ち悪くもならない。でも、さすがに今日の朝はキツかった・・・一日中眠かったよ。自分で作るメシって作ってる段階でお腹一杯になってしまうのだなぁ・・・でも、店でオーダーしたら持ってきてもらうのって快感だわ。お皿洗いもしなくてヨイしね。
 そうだ。明日は「一日外出するもんか」DAYなのよ。一日中、掃除・洗濯・PC・・・と引きこもるのよ。へへヘッ♪一日PCを上げっぱなしで、掃除しながら、洗濯しながら、ふと浮かんだ続きの文をチャカチャカっと打っては、またもとの場所に戻って、音楽かけながら用事するのよん。では、また明日☆
追記:やっぱりまた迷いだしたんだなぁ・・・原点を「音」にもっていくか、「海」にもっていくか。はぁ~優柔不断な性格もここまでくると大したもんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-06-18

昨日は。

 昨日は何の話も無く、ふと浮かんだコトバを詩にしてみた。アタシと僕を置き換えると、あまりカッコよくなかった。で、入れ替えただけ。アタシは実はオトコでした~なんてことは言わないよん。オンナを主にして詩とかポエムっつーの?を書くと、未練タラタラになったりして、カッコ悪いんだよなぁ・・・オトコがあーゆう風に彼女を想ってるのって、いじらしいぢゃん?可愛いなぁと思っちゃうね。
 そうそう、小説の方だけど、やっと500字くらいいったかなぁ・・・1つヒントが浮かぶと2、3行サラサラっといけちゃうモンなんだけど。やっぱりこれも男の子が主人公になってしまった。アタシが惚れるようなオトコに今後成長しちゃうんだ、これが!どれくらいずつ載せていけばヨイんだろう・・・長すぎると読みづらいし、なかなかUPできないしなぁ・・・短いとじれったいよね。明日は早起きするんだった。マズイ!そろそろ寝るよ。(ホントに読んでくれてる人いるのかなぁ・・・分かんないけど)また明日。おやすみ♪ zzzzzz..........

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-06-17

キミへの想い

  キミへの僕の想いは届いてるのだろうか

  キミは僕の想いに気付いてるのだろうか


  ふと不安になるんだ

  ふと確かめたくなるんだ


  僕の言葉にキミは微笑む

  キミの微笑みが僕を苦しめる


  あの時キミに告げられた僕への想い

  今もキミは持ち続けているのだろうか
 

  僕のキミへの想いの深さ

  キミの僕への想いの深さ


  想いが大きいほど不安も大きくなるんだ

  想いが大きいほど恋愛では負けなんだ


  今すぐにでも キミへの想いを僕は伝えたい

  後で 死ぬほど後悔することになったとしても  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-06-16

二休み?課題山積!

 今ニコは大変困っております。頭ン中の「TO DO LIST」が一杯で、整理しきれなくて、とうとうホントに「TO DO LIST」を書いたよ。冷蔵庫に貼ったよ。
 あるちょっとした知り合いが引越しすると聞いたんだぁ。あ~あ、この家も住み心地悪くなってきたなぁ。知ったヤツが誰もいない、でも便利なトコに行ってみたいよ。できないけどさ。
 何が一番困ってるかってーとね、今ちょっとしたキッカケで「ゴスペル」習ってるんだよ。知ってるかなぁ・・・映画「天使にラブソングを」で出てくるような黒人の人たちの歌ね。歴史を全部話すとえらく長くなるから書けないけど。要するに、昔から黒人差別ってあるぢゃん?黒人お断りの店があったり、バスも乗れるのと乗れないのがあったり・・・そうやって差別されてきた中で、あの人たちは耐えて耐えて、そして自分たちで神を賛美する方法としてうまれたのが「ゴスペル」。(と多分聞いた)・・・と多分聞いたって言うのは、先生が本場シカゴからきた現役のディレクター兼音楽セラピスト。もちろん日本語はダメ(オハヨウゴザイマス程度)だし、先生曰く、「ゴスペルはSOULで歌うモノ。」 だから、楽譜はナシ、歌詞だけ渡されて、ICレコーダーを持っていって録音してくるのだ。でもって家で復習。
これだけで済むと思ってたアタシは甘かったよ。秋にシカゴから某ゴスペル団体を呼んで、某所でコンサート。な・なんとその時にアタシが入ってるチーム(曜日・場所いろいろあって、総勢30人以上はいると思う)も、4曲ジョイントで参加するんだと!だから完璧マスターしないといけない。
 今、色んな意味で英語習得中で、クリスチャンではないのに「ゴスペル」習っちゃってさ、おまけにエッセイ投稿したり小説書こうとしてたり・・・で、家のこともあるしさ、1日24時間では足りないね。必然的に寝る時間を削るしかない。眠い・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-06-15

一休み。

 只今、途中経過により、大幅に掲載が遅れております。あしからず。
ったく、もう!ちょっと考え閃いた!と思ったら、電話が、玄関のチャイムが・・・で、忘却のカナタへ・・・ムカッ!
でさぁ、ちょっと思ったんだけど、アタシのブログの題名おかしくない?ある意味間違ってないかい?いや、もともとはさ、自分の私日記にするはずで、非公開もしくは限られた人だけ覗けるようにするはずだったのよ。今となっては「やすらぎ」とつけたのは失敗だったよ。ちっともやすらいでないぢゃんか!改名「ニコのやすらげない日記」ってか?もし、ちゃんと読んでくれてる殊勝なお人、内容的に硬いもんね。ゴメンよ。でも、この口語文体は、ちとイイでしょ?アタシも書きやすいし、前出の「アガペー」のクダリなんて、「ですます」で書いてたら、それこそイヤになるよ。書く本人もイヤだもんな。
 そうそう、ご報告。村山由佳先生(天使の卵・天使の梯子・おいコーシリーズand so on.....)のHPの「FAN'S VOICE」にコメントを出したら、抜粋して載せられる「VOICE」に、ニコのコメント、見事掲載されたよ~!投稿募集内容は、「年上の女性、年下の男性との恋愛について」だったんだ。村山さんの目にも触れるかも・・・と思うと、うれしいやら恥ずかしいやら。ニャハハ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-06-14

一本に絞ったぜぃ!

 この間悩んでた2つのうちの1つ。結論だしたんだ。でもね、今は煩悩で頭ん中いっぱいで、とてもぢゃないけど文章が書ける状態でないんだ。このブログの他に、もう片方のアタシの顔(ブログ・BBS)が別にあるんだけど、そっちが楽しくて楽しくて・・・とりあえず、そっちのカタチがしっかり定まってからでないと、じーっと考える作業が出来ないのが現実。ここに書く文章もなんだか変になってしまってる。いかん、いかん。しっかりしないと。右脳と左脳、前頭葉と後頭葉、ミンナしっかり働いておくれ。今日はめまぐるしく多忙だった結果、仕方なくここで終わり。短くてゴメン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-06-13

アガペーの愛とは。

 今日の題材はタイトル通り。ココは素通りできない。と言うのもアタシが今構想中の文章に深く関わってくる事だからね。アタシが学生やってた時の微かな記憶だけを元に曖昧にはしておけないんだ。間違ってたらハズいだろ?だから分厚い辞書で下調べ。

【アガペー】
 ① 真の愛。神的愛。
 ② 神の、人間に対する自発的、無条件的絶対愛。
   新約聖書の中でのイエス=キリストの受難と復活に象徴的に示される愛。
   エロスと区別される。
 ③ 愛餐(あいさん)。
・・・とのこと。どうせだから【エロス】も調べてやった。
【エロス】
 ① 異性に対する、性愛としての愛。愛欲。
 ② プラトン哲学で、真善美へのあこがれという純化された衝動。

つまりだね、【アガペー】って無償の愛って事よ。親になったらわかるんだろな。自分で自分の腹痛めて産んだ子供には、何かを求めて愛するかね?うーん・・・アガペー≠エロスって事になるわな。
今考えてるのは、そのアガペーってやつがオトコとオンナの間でも通用するのかって事。愛欲・性欲ナシの魂が必要とし合うような愛。そこを書きたいんだわ。みんなはどう思うよ?「そんなのナシだよ」てのが圧倒的だろうな、多分。アタシの過去には・・・う、言えない・・・でもさ、見返りを要求するような愛って、ホントの愛なんだろうか。盲目の愛。これは違うよ。かの人を愛するが故に、周りが見えなくなるんだから、迷惑な話だよな、まったく!(これは周りにいたな) セックスしたいからオトコを愛する?違うだろ。結果として、その行為がなされるんであってさ・・・ま、やりたいオンナもいるだろうから、オトコに偉そうには言えない、同性としてさ。
あー頭が痛いや。難しい壁にぶち当たったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-06-12

そもそも昔から。

 おはうよ・・・あ、おはよう・・・打ち間違えるくらい寝不足なんだわ。でも否応ナシに太陽は昇るんだ。夜型人間のツライとこだね。今日くらいは掃除したいし、昨日の分の洗濯も残ってるしさ。

 誰かが言ってたけど、もちろん作家さんね、「幸せだとイイ小説は書けない」んだと。じゃあアタシは物書きとしては絶好調なはずなんだけどな。確かに、作家の歴史を紐解いてみると、うつ病あり、自殺あり、発狂者あり、どっかに何か抱えてるヤツばっかなんだよな。アタシもその一人かもしんないよ。みんな覚悟して付き合いなよ。このパソもいつベランダから放り投げられるか分かんないんだから。パソまで覚悟して酷使されてんだな。
 だからといって、今よくある「集団自殺する人募集」みたいな自殺サイトを覗いてみたいとは、これっぽっちも思わないよ。やるんなら一人でやるな。それも回りのこと全部きれいさっぱり片付けてからね。飛ぶ鳥は後を放っていっては駄目だよ。自分のやるべき事全部片付けて、迷惑かかりそうな人とは縁切って。あのさぁ、自ら命を絶つと天国には行けないらしい。も一回言っとくけど、アタシは無宗教。でもさ、これって本当っぽくない?
 もっともアタシは天国に行けるようなイイ人間ぢゃないから、関係ないか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005-06-11

隣の芝生は青いってか。

【日本男性VS韓国男性】

韓国男性…迫力があってよい??韓国の男性は迫力があって男性的な魅力がいっぱいあるから良いと…しかし韓国女性はそういうことはあまり感じないので、それが魅力だとは思えない。

韓国男性のスター(4様、リュ・シオン、イ・ビョンホン…)が人気を集め、日本女性の韓国男性に対する好奇心と関心が増えたのは確かなようである。しかしそれは韓流という流れに乗ってさらに浮き彫りにされたもので、他の国の人に対する好奇心はどこかに行っているものと思う。韓国の女性の場合でも、日本の男性スタイルを好きな人は多い。反面日本の女性は、日本ではあまり見かけない線が太くて、柔らかいけれども男性的な魅力を持った韓国男性に惹かれる。何故だろう??それは自分が普段出会わない新しいスタイルの異性に、自然と惹かれてしまうからだと思う。
「韓国男性は軍役を経験しているからか、日本の男性にはない迫力と強靭さがある。」また韓国男性は、人柄で生きて人柄で死ぬと言う言葉があるほど自分のイメージ管理に透徹するが、そのためではないか。また自分の主観がとてもはっきりしていて、女性に対する細かい配慮も魅力だというのは認める。
また「愛しているなら何も言わずに信じてついて来い!」という一方的な宣言は、相手の意見を尊重してくれる日本の男性とは違い、若い日本の女性たちには大きな魅力に映るかもしれない。韓国女性が日本男性の繊細さに惹かれるのと同じようなものである。

もちろん他の国の異性に感じる魅力は、ある部分は幻想であり、またある部分は真実でもある。ただ願いは、この両国の男性の長所だけを持った男性が、目の前に現れてくれることである。(一部削除・変更)

 ・・・以上の記事を読んで、日本のオトコたちどう思う?
人それぞれだよ。オンナも勝手な生き物だからさ、「ついて来い!」ってーのが好きなのもいれば、「今日はどこ行きたい?」って鞄まで持ってくれるのが好きなのもいる。どっちもどっちなんだな。確かに見かけだけで言うと、2年とか?の兵役を経験してくるんだから、マッチョ好きにはタマらんだろな、韓国のオトコって。でもさ、イヤだイヤだと思って2年過ごすオトコもいるだろうけどさ、そこで確かな精神力と忍耐、自分自身の生きる上での指針・アイデンティティーなるものを身に付けたオトコたちは、正直言って脱帽モノ。アタシは別に軍国主義でもなければ、戦争万歳って訳でもない。ただ、そういう制度がある国に対しての、ちょっとした敬意を示しただけ。今日の雑談終わり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-06-10

兄弟喧嘩って・・・遺産相続って・・・

 朝からもっと大事なニュースあるだろうに、ドコもかしこも元相撲取りの兄弟喧嘩の話ばっかり。財産の取り合いせずに相撲取れよな。うんざりするよ。(NHKさんはまともなニュースやってるだろうけど、アタシは見てないからね)まさしく「仮面家族」だったんだね、あの人たち。哀れだよ、滑稽だよ、ある意味楽しいよ。普通、一般ぴーぷるのアタシたちの兄弟喧嘩ってさ、他人には解かんないじゃん?せいぜいラストは親にぶっ倒されて、ハイ、ジ・エンドってのがパターン。でもさ、あの兄弟は公共電波を思いっきり使って喧嘩してるじゃない?さぞかし気持ちイイだろうね。止める親もいないしさ。(一応言っとこ、ご愁傷様です)元横綱同士なんだから、もっとスポーツマンシップに則ってガチンコ勝負すりゃあイイのに。面白いぞ~!、アタシはあの世界のことは全然無知だから、何?年寄株って?部屋の相続って?何億もの話だってさ。何億も賭けたガチンコだよ、すごそうだねぇ・・・生命かかってるよ、多分。誰かみたいに、周りに電流入りの有刺鉄線張ってさ、火薬ももちろんOKよ。 ぐだぐだ言っとらんで、一回やってみる?すっきりするよ。どっちかの奥方が白タオル投げちゃあシラケルけどね。はぁ、朝からくだらんこと書いてしまった。
 短編小説?一本に絞ったとこまではよかったけど、一行書いてはまた消しての繰り返し。有名作家さんてすごいよ。こんな作業をやってるんだからさ。ちがうか、頭のデキが違うからすらすら書いてるんだろうな。さ、頑張ろっと。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-06-09

二分の一か。

 今日は少しだけ。今、短編構想中で、頭ン中の候補に挙がってるのが2つあるんだな。同時進行もきついし絞りきれないのよ。一方は題名と最初の一行がふと浮かんだんだ。もう片方は最初の一行だけで無題。どっちにしようか、どう思う?そんなの解かんないよね。ごめん、独り言だった。
 つけっぱなしのテレビから「アタックNo.1」が聞こえる。「だけど、涙が出ちゃう。オンナノコだもん。」アタシだって「青空に遠く叫びた~い」よ。消したいけど消せない。なぜならリモコンが手に届かないから。アタシのパソちゃんの前に座ると、一段落つくまで動きたくなくなる。やっぱりアタシって不器用なんだな、一度にいくつもこなせないから。
 って、答えでたぢゃん。自分で出したぢゃんか。よし、一つに絞ろう。以上、途中経過。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-06-08

短編小説に挑戦?

 少しでも覗いてくれてる方々。ありがとう。最初は三日坊主?って話だったけど、まだ続けてるよ。
見てのとおり、チョット投稿してみたりしてる。他2人の作家さんにも一寸チャレンジしようと思ってるんだ。アタシも前向きにならないとね、ポジティブ精神ってやつ?昔に決めてた将来の夢、作家だったんだな。思い出したよ。このブログってのも悪くないね。ココで文章を書き始めたせいで、いや、おかげで思い出したんだもん。昔にひたってたら、語尾が乙女チックになっちゃう。いかん、いかん。
 というわけでタイトルどおり、アタシなりに頑張ってみようと思ふ。でもさ、そうそう自分自身の本質は変わらないと思うから、急にヤメるかも解からないし、見守っておくれ。今、頭の中でぼんやり構想を練っているトコロ。歯の方も完治したわけだし、一つ一つ頭ン中のやる事リストに線引いて消してから手がけるよ。だから、しばらくは飛び飛び更新になる訳だけども見捨てないでおくれ。投稿の無い日は「ヤツは今ごろ悶々としてるんだな、よくやるよ、まったく・・・」くらいに思ってくれればイイからさ。 以上、ご報告まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-06-07

タイムカプセル

ニコ(30代)――たっちゃんへのラブレター

 たっちゃん、好きよ。ものすごーく大好きよ。

 大学を出て会社の新入社員研修の時、すごく不安だったの。だって、誰も知らない東京で、3週間の勉強会。一人暮らしの経験がないんだから、入社式で知り合った友人とのホテル暮らしも、すごくつらかったの。初日、ざわざわとした研修室で決められた席に座り、とうとう研修が始まったわ。お決まりの自己紹介から始めましょうと、クラス担当の先生が言うもんだから、心臓ばくばく音を立てて緊張したわ。でも、でもね、先に順番が回ってきたオトコの子が、「ハジメマシテ、神戸から来ました。見かけがこれなもんで、ちゃらちゃらしてると思われるんですが、滅茶苦茶まじめです。ははは!みんなよろしく。」って言ったの。まるで入社面談の科白かと思うような事をみんなが言う中、クラス全員の緊張がほぐれたのは、たっちゃんのオカゲだね。おまけに見事な神戸なまり。アタシはね、みんなにバカにされないように、頑張って関西弁を出さないようにしてたのよ。なのに5日目に最初に気付いたのは、やっぱりたっちゃんだったね。そこから一気に仲良くなったのね。
 確かに見かけはいいよ、たっちゃん。クラスだけでなく、他のクラスのオンナの子までたっちゃんのこと好きになったんだもんね。でも、見かけで好きになったんじゃないよ、たっちゃん。アタシって、ここまで人を好きになることができるんだって、初めて解かったの。みんなに優しいたっちゃん。アタシが他の研修生に言い寄られて困ってたら、すぐにかばってくれたもんね。でも、みんなに優しいたっちゃん。アタシにだけなの?みんなにも?
 最初は3週間は長いなって思ってた研修も、たっちゃんのおかげで、たっちゃんと一緒にいるおかげで、あっという間に終わっちゃったよ。サビシイって思うくらい。おまけに、たっちゃんの配属先は山梨で、アタシは大阪。遠いよ、たっちゃん。でも、よくデンワで話したよね。みんなでだけど、たっちゃんの神戸の実家にも泊まってさ、わいわい騒いだよね。二人っきりには全然なれなかったけど、たっちゃんの寝顔、おどけた顔、すねた顔、大きな声を出して笑った顔、そして、車の中で泣いた顔。みんな、みーんな覚えてるよ。あの時たっちゃん言ったよね。
「泣いた顔見られたん、オマエだけや。」
胸が、全身がぎゅっと締めつけられたのよ、その一言だけで。アタシは何も言わず、たっちゃんの気のすむまで、だまって手を握ってたっけ。
 それからのアタシは、たっちゃんしか見えなくなったの。夏休みに帰省した時の浅黒く日焼けして、またちょっとオトコらしくなった時、アタシは精一杯のおしゃれをしていったのに、たっちゃんはTシャツにジーンズ姿だった。でも、みんなたっちゃんを見て振り返るの、【あのコかっこいいね】なんて言いながら。アタシまでうれしかったのよ。あの時会ったのが最後かな、たっちゃん。アタシの一年後の最終研修の時、東京からたっちゃんにデンワしたの、覚えてる?アタシはあの時、山梨まで行ってアタシのココロ全部、たっちゃんにぶつけようとしてたのよ。今でもたっちゃんは知らないよね。だって、さんざん相談持ちかけられた挙句、最後にこう言ったのよ、たっちゃんは。
「男女で友達関係は無いって、今まで思ってたけど、オマエに会って、あるんやって解かった。オンナの中での、オマエは最高の親友や。ホンマうれしいわ。」
アタシは喜んだ、笑った、フリをしたの。そんな言葉、聞きたくなかったよ。ちっともうれしくないよ、たっちゃん。アタシのココロを包んだと思ってたでしょ?間違ってるよ、たっちゃんはアタシのココロを、一本の太い矢で、ぐさりと突き刺したのよ。
 でもね、多分たっちゃんは気付いてたんでしょ、アタシの気持ちに。それを受け止められないから、わざとアタシがそれ以上の告白をしないように【親友】って最終兵器を出したのよね。今ならアタシにも解かるよ、たっちゃんの精一杯のコトバ。アタシもそれ以上何も言えなかった。だって全部言っちゃえば、アタシとたっちゃんの関係もそこで終わってたじゃない?だから言えなかったの。怖かったの。だから今でも時々そっと開けてみるの。アタシのココロの中の小さな箱。そこには、たっちゃんへの気持ちがイッパイ詰まってるから。

 たっちゃん、好きよ。ものすごーく大好きよ。                  終

         室井先生、2回目の投稿です。うまく書けないです。気持ちばっかり先走って・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005-06-01

涙目(ウルウル・・・)

ww0601161221H17mtv1
最近・・・最近と言っても、ここ2~3日、色んな意味で、うるうるしてしまう。 
ひとつは、言うまでもあるまい。 アタシの大切な王子、ピことジフニの来日。 もちろんアタシのために緊急来日したわけでもなく、MTVの受賞のためだけど・・・。 だけどね、東京。 遠すぎるの、アタシんちから。 メディア露出ガンガンしてる、SE7ENさん(ファンの方に失礼だから、「さん」付けで)他、キラースマイル・エーとこの坊ちゃん(「おいしいよ、これ」のCMでお馴染み)・○○姫・・・などともてはやされる方々と比べて、来日時の映像も・・・ハラホレヒレハレ~
とにかく、メディア露出が少ないのよ、彼は!! まっ、変にあっちこっちで出て、すぐに冷めていくファンが増えるのも困りもの。
また、偶然なのか、示し合せたのか、来日の当日の【たけしの誰でもピカソ】(かなり前収録)オンエアー。これは泣いたね。だって、1時間番組のラスト8分よ、8分!前大半は、「芸術はバクハツだ~」でお馴染み、岡本太郎氏と、その奥方様の生涯を追った作り。 それも、彼の収録は、前出のキラースマイルの収録のツイデのように行われ、前に並んだ観覧席の年齢層の高いこと、高いこと!!そんな、自分のファンでもない大勢の前で、パフォーマンスさせられたのよ!これまた、ウルウル・・・
そして、極めつけは、表参道での、輸入系某硬水メーカーのPRも兼ねての、モデル・SHIHOとのトーク&ヨガ体験!なんなんだ、そりゃ?見世物小屋の珍獣扱いか?いやいや、彼がヨガをしてるんならヨイのよ、別に。 見に行った訳ぢゃないから、詳細は分かんないけどさ、たどたどしい日本語を一生懸命、汗ふきふき、話してる姿を想像すると、またウルウル!
そんなこんなで、5日足らずで帰国。 アタシの家までいらっしゃいな。 全員あなたのファンの前で、歌うだけ歌わせてあげるわ!ヨガの体験なんて、イヤならしなくてイイわ。 
韓国に帰れば、ドラマ撮影が始まると同時に、CDレコーディング準備。 彼の場合、毎回、何かと何かがブッキングされるのよ。かわいそすぎるよ、まったく・・・。 健康だけには気を配って欲しいと、ホント祈るばかりだわ。 またウルウル・・・
あら、こんなに長くなってしまったわ。 最後のウルウルは・・・明日からアタシの歯医者通いが始まるってことよ!!

| | コメント (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »