« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

2005-08-31

なぜだろう。

 なぜ 忘れられないんだろう

 なぜ 彼なんだろう

 なぜ 他の人じゃ なかったんだろう

 なぜ どうして 

 そんな ことばかり 考えてる

 事実を知っても まだ忘れられない

 常用しては いけない薬

 たとえば 麻薬の ようなもの

 彼は アタシにとって

 麻薬 だったのかもしれない
 
 もう 禁断症状が 続いてるから

 ずっと ずっと 続いてるから

 早く 今すぐ 逢いたい

 逢って 抱きしめてほしい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-08-29

宇多田ヒカルのNEW SINGLE「Be My Last」トラバ

「いま、あらためて自分の大切なものを見直そう」

まさしく今、アタシが直面している問題。失いたくないモノと

本当に欲しいモノ。アタシの大切なもの・・・戸惑う大問題。

三つ・・・そうだな、三つもホントは要らないんだー・・・

しいて挙げるなら。

  ① ヒトを愛するココロ

  ② ヒトに愛されるココロ

  ③ 真実を告げるココロ

・・・ってトコかな。とにかく 安らぎが欲しい。

安らげるアタシだけの 居場所が欲しい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイスケ・・・・

会いたいよ。逢いたいよ・・・

声だけじゃ メールだけじゃ

ガマンできない 顔が見たい

ダイスケが 昼寝した アタシの枕

ダイスケが 使った アタシの布団

アタシは 毎晩 そこで眠るの

ダイスケを 想いながら・・・

アタシがつけた キスマーク

もう 消えたかな 消えないで欲しい

アタシの中には ダイスケの

ダイスケの 思い出が いっぱい

思い出にしたくないよ 今 逢いたい

誰か ダイスケに 伝えて・・・

アタシが ずっと待ってることを・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妄念。


 ある紳士に言われた。アタシの思いは「妄念」だと・・・。

 本当に彼を愛してるのか、ただ寂しいだけなのかも知れない。
 
 寂しさを 紛らわすために 誰かに愛されたかったのかも知れない。

 そうすると・・・他の誰かでもよかったのかも?

 でも 彼でないとダメだったような気もするの・・・

 頭の中が 整理つかない・・・ 誰か気付いて・・・・・・

 アタシの ココロのSOSに 誰か気付いて・・・・・

 誰かじゃダメなのよね 彼にホントは気付いてほしいのに・・・

 もう 過去には 戻れない 戻りたくてもね。

 アタシのココロには 一点の赤いシミができたまま・・・

 一生 消えない シミ になって 残るのね・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005-08-28

アタシの手。

みんなで 輪になって 手をつなごう

愛してるヒトと みんな つなげば

世界中のヒトの輪が できるのに

大きな 大きな 輪に なるのに

アタシは 誰が つないでくれるの

アタシは 誰と つなげばいいの

右でも 左でも どっちでも いい

キミに 手を つないでほしい

そんな ココロを まだ もってるの

だから アタシは ゼッタイに

大きな 輪の中に 入れないの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-08-27

室井姐さんへのラブレター企画トラバ

室井姐さん、及び関係者の方々へ。
これは、私、ニコが書いたものではなく、私の友人が
トラバできない所に書いたもので、代理で投稿させて
いただきました。彼が書いたのは、数年前に事故死さ
れた愛する人に宛てた 行く宛のないラブレターです。
彼の同意は得ています。宜しくお願いします。

【投稿者】ミタライ 30代  【宛先】ヒサエ  【題】手紙
 
****************************
 
 To H

久しぶり。

こうして君に手紙を書くのは、もう何年ぶりのことだろうね。

今、寝ようと思って部屋の明かりを消したらさ、月の光が部屋の中を照らしたんだよ。

淡く蒼い光でさ、凄く寂しい蒼さだよ。

だから、カーテン閉めたんだよね。

でも、隙間からずっとベット照らすんだよ。

なんか笑えるよね。

だから寝てられなくて、手紙書いてます。

君が言ってたみたいに、月の光って綺麗だって、なんかそう思えてきたよ。

このまま寝るのもったいないから、ちょっと散歩でもしてきます。

君がいないのわかってるけど、美術館の前まで歩こうと思う。

そこで煙草吸って、時間つぶしてから寝るよ。

明日、寝坊したら笑っても良いよw

じゃ、ちょいと出かけてくる。

あ、そうそう。

出来たらひとつお願いがある。

天国にも月の光が届くのか。

この手紙が届いたらで良いからさ、夢の中で教えてほしい。

僕がそれを知るのはまだまだ先になるからさw

じゃ、よろしくね。

               from M 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-08-26

オンナってのもツライやねー。

  
あー・・・なんか ツライやなーー オンナって。
  
今日は思いっきりぶっちゃけ話。 だから大阪情緒たっぷりで!
やっぱ声聞きたいんやなー 優しい言葉かけてくれっちゅーねん!
分かるで?離れたんやもん、しゃーないのは分かってるわ。
でもな、やっぱり離れたーなかったんやもん、ホンマはなぁ。
せやけど、ウチの抱えてる大きな障害(ハードル?)もあるしー、
アンタの まだまだ先の長い、大きな未来を考えるとな、どない
したって、ムリっちゅーもんやもんな。 おまけにアンタはまだまだ
クソガキや。一回りちゃうと、やっぱり誰も応援もしてくれへんし、
アンタ自身もかなり、ウチのこと重かったんやろなー・・・

せやけどな、友達って割り切ったら、また会えるってホンマか?
ムリやろ。ウソやろ。口からでまかせやろ。もうメールも電話も
せーへん!ってタンカきったけど、直後にもう電話してしもた。
今でも 毎日電話してるわなー・・・ それもしんどい時に。
あんな気まずい最期やったから 心配なんもあるんやでー。
それくらい分かってーな。 笑顔でさいならーってするはずが、
あんなエライ最期やってんから、ちょっとくらいウチのことも
心配してーなー・・・。メッチャ寂しいやんかー悲しいやんかー。
エーなー・・・気分転換できそうで。ウチはずっと家におるから
なーんの気分転換にもなれへんわ。

だから電話で声聞きたーなんねん。 アンタの声で気分が
落ち着くねんもん。しゃーないやんか。せやけど、アンタは
メッチャめんどくさそーに 出るなー 電話に。悲しいのん
通り越して 笑えるわ。でもな、めんどくさそーやけどな、
ちゃんと話は聞いてくれたもんなー。そこは感謝してるわ。
アンタにしては上出来や。ヨワタンなとこ見せんとウチに
ちゃんとした答えをしてくれたもんなー・・・。

なんか 酔ーてるみたいやけど、ホンマの気持ちやで。
なんとなく 書いてこの気持ちを残しておきたかったんや。
ごめんなー ホンマごめんなー メッチャ好きやでー。
だから、一生あわれへんやろなー。今すぐにでも「来い」
ってゆわれたら、飛んでいくくらい 好きやのになーー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-08-24

二人の温度差。

  あんなに つらい 別れをしたのに

  まだ 想い続けてるのは なぜ?

  貴方に あんな 発作まで見られて

  貴方に あんな 醜態をさらして

  もう 逢えない もう 逢えない

  でも この 想いは なに?

  貴方を 強く もとめる ココロ

  貴方に 愛されたいと 願う ココロ

  でも ムリなの でも ダメなの

  貴方の アタシへの 気持ちと

  アタシの 貴方への 気持ちと 

  温度差が 違いすぎたのね

  障害が多すぎたのね

  だから もう バイバイ・・・だね

| | コメント (1) | トラックバック (0)

室井姐さんへのラブレター企画トラバ

【投稿者】ニコ 30代  【宛先】ダイスケ

【タイトル】ありがとね ダイスケ。

 いつも 太陽が昇って いつも 月が現れて
 毎日 同じ日々の 繰り返しだった

 でも ダイスケと出会ってからの 
 ほんの ひと月 たった ひと月だったけど
 毎日が キラキラしてた 安らかにすごせた
 
 逢えたのは たったの数回だけどね
 電話でのダイスケの声にね
 メールでのダイスケの言葉にね
 逢えた時のダイスケの笑顔にね
 
 アタシは 安らぎと優しさをもらってたよ

 でも お互いのついてた 些細なウソ
 アタシが 抱えてる 大きなアシカセ
 アタシが 見抜けなかった キミの弱さ

 最期に逢った日 二人は 壊れてしまったね
 泣いて 泣いて どうしようもなく 泣いて

 もう多分 逢うこともナイ 話すこともナイ
 
 でも アタシの中では ずっと ずっと 
 ダイスケは 大きな存在として 残っていく
 
 ダイスケが もっと オトナのオトコになって
 アタシが もっと 自由な オンナになって
 
 その時がきたら また もう一度 逢いたい
 あの 安らかで穏やかな 日々を過ごしたい

 叶わない コトかもしれないけど
 ダイスケは 忘れてしまうかもしれないけど
 アタシは 決して忘れない 忘れられない
 
 あの ダイスケとの 愛しい日々を

 ありがとね ダイスケ・・・    ニコ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-08-19

なんか幸せ。

    人との つながりって いいな

    家族との つながり

    友達との つながり

    仲間との つながり

    同士との つながり

    アタシのコトを 

    知っててくれる人との つながり

    アタシがとても

    好きだった人との つながり

    なんとなくだけど

    ホント なんとなくだけどね

    いろいろ 伝わってくるんだ

    心配してくれてる とかね

    みんな みーんな

    ありがとね ホント ありがと
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-08-18

少しマシかな?

んーーーー。 好きな音楽聴いて DVD見て

気分転換してると 少しは 気分が晴れてくる。

こうやって 時が解決していってくれるのかな?

泣く回数も 少しずつ減ってきてるし それに

泣いてばかり いられないじゃん? オンナが

すたるってモンだね。 数年前のアタシはね

もっと元気で 笑ってばっかりだった。毎日が

楽しくて 知らない人にも 平気で声かけたり

そんな時に 少しずつ 戻っていけるかな・・・・

一歩 また 一歩 少しずつ 前に進むよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005-08-17

友達として。

 昨日は ちゃんと 電話で 明るく 話せたよ

 もう 何も 想ってない フリで 話せたよ

 明るく 楽しく もう 友達の ようにね

 繋がりが 切れてしまうより

 友達として 繋がってる方を 選んだの

 これが 正しい 選択か

 間違った 選択かは 分からない

 けど アタシは その道を 選んだの

 でも 電話を 切った後 泣いちゃうの

 逢いたくて 逢いたくて 泣いちゃうの

 たった ひと月だったけど

 こんな キモチになったのは 初めて

 逢ったのは 数えるくらいだけど

 こんなに ヒトを 愛したのは 初めて

 でも こうやって 声を 聴けるだけで

 メールで 連絡 しあえる だけで

 アタシは 今までどおり 幸せなの

 アタシは 今までどおり 生きていけるの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-08-16

なんでだろ。


 涙って枯れないものなんだね。 最近ニコニコできてないなー・・・
泣いても、泣いても 次々と ポロポロと 落ちてくる。ふと 気づくと
いつの間にか 涙が 出てる。
 昨日 最期に 電話してみた。 「もう 大丈夫、平気だから」と・・・
アタシのために 傷付かないように 彼が壊れてしまう前に すごく
ムリして 元気を装って。 もとの友達に戻ろうと そしたら また
顔くらいは 見られるかも と思って。 

「また逢えるよね?友達として。」 「1年後かな」・・・
「1年?永いね」 「でないと また同じ事の繰り返しになるから」・・・
「ならないよ、もう大丈夫だから」 「だめ。まだ期間が要る」・・・
「そう、分かった。ごめんね」 「ううん、こっちこそ ごめん」

彼は アタシの 麻薬だったんだね。逢ってる時は 楽しくて すごく
嬉しくて その状態がしばらくは 持続できるんだ。でも その麻薬
が 切れてくると また逢いたくなる。 その繰り返し・・・
だから 今のうちに 縛り付けてでも 断ち切らないと いけないの。
でないと 身体も ココロも壊れて ヒトとして 生きていけなくなる
から・・・ 彼はそうも言ってた。

 でも もう遅いの。 壊れてしまってるから。 もうココロをどこかに
なくしてきてしまったから。 彼でないと 見つけてもらえないから。
彼でないと・・・ 他のすべてを 捨てる覚悟をしてたのに 何もかも
捨てる気でいたのに それさえも 許されなかった。 
もう アタシはどうやって 生きて行けば いいのかさえも わからな
くなってる。笑い方も 忘れてる。 息をするのが 面倒に思える。

 多分 もう ヒトを愛せないだろうな。 これが アタシの 最初で
最期の 本気の愛だったから。 今まで どこかで 一線を引いた
付き合いしか してこなかった。 でも 彼には すべて見せられた。
だから もう 誰にも アタシのすべては 見せない 見せたくない。
ココロを閉ざして ニコニコしてる 仮面をかぶって 生きていこう。
逝ってしまったほうが 楽だけど 彼に 迷惑が かかるから それ
だけは しない。 ほんと 生き続けるって とても 苦しい ツライ。
でも 神様が 与えた アタシへの 罰なの。 
「苦しくても つらくても 生きなさい それが オマエの 宿命だ」
そう言われてる気がする。 アタシは悪いオンナだったから・・・
でも 彼のおかげで 変われそうな 気がしてたのに。 人に優しく
いつも 笑ってる イイ娘に戻れそうな 気がしてたのに。

 これからは もう 人には 本心を 見せないで 生きていく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005-08-14

本当のキミが知りたい。

     アタシは 知らなかったのね

     アタシは 理解ろうともしなかったのね

     キミの つらさ も 弱さも

     キミの キモチ も ホントのココロも

     
     理解りたい 理解ってあげたい

     でも 

     キミは 強がるから 教えてくれない

     キミは 強がるから 見えてこない

     アタシになら 見せてもイイのに

     アタシになら ぶつけてもイイのに

     
     キミのためなら 壊れてもイイのに

     その覚悟は ずっと前から してるのに

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005-08-13

終わりのない旅。

       昨日 眠れなかったのは 誰のせいだと思う?

       昨日 眠れなかったのは 何故だと思う?

       目を 閉じると キミの 顔が浮かぶから

       目を 閉じると あの夜を 想い出すから

       だから 目を 閉じるのが 怖かった

       だから 目を 閉じるのが つらかった

       
       こんなことなら こんな想いをするなら


       目を 閉じても 何もない世界に逝こう

       目を 閉じても キミのいない世界に逝こう

       そしたら こんな 苦しみも 感じない

       そしたら こんな 痛みさえも 感じない

       だんだんと 身体が いうこときかない

       だんだんと 意識が うすくなっていく

       キミの中での アタシの 全消去

       アタシが選んだ アタシの 全消去

       カタチは違っても イミは同じだから


       もう アタシの 終わりのない旅は

       始まってしまったから

       もう アタシの 最期の言葉は

       キミには 届かないから 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんどんと。

 別に特別 優しい訳じゃない

 優しいと言えば 優しいけど

 別に特別 イイ顔じゃない

 でも どこか 惹かれるけど

 どんどん キモチが大きくなる

 どんどん 周りが見えなくなる

 やっと 受け入れてもらえた

 至福の ひととき

 もっと 愛して欲しいの

 多分 すこしの 時だけだから

 その分 いっぱい 愛して

 今 こうやって 逢える間に

 ワガママ いっぱい 聞くから

 その分の 安らぎが 欲しいの

 欲しいモノ 全部 あげるから

 その分の 愛が 欲しいの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-08-12

室井姐さん大丈夫?心配だよ・・・

 ニコです。この日のブログを読むと、原稿書けないだけって感じだけど、テレビに出てる姐さんを見てると、なんだか痛々しい・・・。体調悪いのに、ムリして頑張りすぎてるように見えるのは、アタシだけなのかなぁ・・・?
 話変わるけど、アタシも姐さんのブログのとおり、ハラハラの恋でなく、ふんわりした恋してる。ひとまわりも年下なんだけど、精神年齢が向こうの方が上なのか・・・。アタシも昼間はほとんど外に出ない。前にも書いたけど、ココロの凸凹が多いアタシ。でも、そのカレに逢える日が近づくと、不思議と優しいキモチになっていくのがわかる。たまにしか逢えないし、その時間も短いけど、一緒にいてるだけで安らいで癒されてる。声は毎日聞けるから、その時もふんわりした気分・・・。
 でも、歳の差とか他にもいっぱいハードルがありすぎて・・・。カレに彼女さんが出来たら、アタシとの関係もジ・エンドになるの。今から考えてもすごく怖いし悲しいけど、精一杯背伸びして、「はい、さよなら」ってサラリと言えるように、今から覚悟してる。今のこのふんわりしたヒトトキを大切にして、終わった後でもカレのココロの片隅にアタシのカケラが残れば、それでいいかなって・・・。これが今のアタシの状態なのです。

 最後に姐さん、あんまりムリしないでね。原稿もすっごく大事だけど、姐さんの身体が一番大切だよー。一人だけの身体じゃないんだから。カワイイお子ちゃまがいるんだからねー。アタシも含め、姐さん大好きチームがみんな心配してると思うよー!では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-08-06

キミのキモチ。

  毎日 声は 聞ける 

  けど 

  毎日 逢いたい

  けど

  毎日 逢えない

  

  キミの キモチが

  見えない

  アタシには

  見えない

  

  想うだけで 苦しい

  たぶん
 
  もう アタシに

  キミのキモチは

  向いてないから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-08-02

ダイスキなキミ。


   キミの ひと言に 悦びを 憶えて
   
   キミの ひと言に 憂いを 憶えて

   キミの きげんに 嬉しさを 感じ

   キミの きげんに 哀しさを 感じ

   一日じゅう ココロが ふりまわされる

   
   キミの 寝顔を 想い出し

   キミの 笑顔を 想い出し

   キミの 困った顔を 想い出し
  
   キミの ツライ顔を 想い出し

   一日じゅう ココロは ゆらされてる

 
   でも でも でも

 
   アタシの キモチは しらないふりね

   アタシの キモチは とどけられない

   アタシの キモチは 言ってはだめね

   アタシの キモチは 宙に浮いたまま

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »