« 笑い合ったら。 | トップページ | 影ふみ。 »

2005-09-27

生きている証。

時折 自分の 足元を 確かめる

ちゃんと 地についているかどうか

ふと 自分の 手元を 確かめる

ちゃんと 血が通っているかどうか

でも 少しだけ ほんの 少しだけ

足先から 消えていく 感じがする

手先から 消えていく 感じがする

闇に包まれて 出口が見えない

大声で叫んでみても 誰も来ない

弱虫な アタシは じっと立ち竦む

泣き虫のアタシは しゃがみこむ

恐怖という岩に 押し潰されてしまう


毎日のように こんな夢ばかり見る

起きた時 生きていると 確認する

そして また一日が 始まる

|

« 笑い合ったら。 | トップページ | 影ふみ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83551/1480533

この記事へのトラックバック一覧です: 生きている証。:

» モノクロレター・約束 [ゆい@青空]
「こういち〜〜」 局から表の車道へ走りでてペダルを踏み込もうとしたとき、 いきなり呼び止められた。 薄暗い道の先、車のライトに一瞬照らし出された玄人の姿が見えた。 「玄人」 玄人は耕一の前に自転車を急停止させた。 街灯の光で額の汗がてらてら光っていた。 ... [続きを読む]

受信: 2005-11-06 05:06

« 笑い合ったら。 | トップページ | 影ふみ。 »