« 書くことない。 | トップページ | じゃあ、また! »

2006-09-18

とりあえず・・・

 室井佑月さんが、ココログのブログを閉鎖されるので、ここ3ヶ月も書いていなかったのだけれど、書き記しておこうと思った。

 別の所のブログで文章を書き始めたのが、偶然、室井さんがブログで『LOVE LOVE LOVE』のトラバを募集しだした頃。 それまで日々淡々と過ごし、家事を子育てに追われ、3年ほど前に「過換気」「パニック障害」の発作を経験し、すっかり「ウツ」となり、「対人恐怖」「強迫障害」などなど、色んな症状を引き起こしていた。

 それ以降、特定のヒトとしか会えず、2005年の初めにネットとの付き合いが始まった。

 最初は検索にしか使わず、6月頃から、ようやくブログを持つ事となった。そこからネットの世界の友人の輪が一気に広がっていった。そして、室井さんのブログに辿りついた。そして、あの本の募集。 本を読むコトが大好きだっただけで、果たして自分に書く力があるのかどうか、少し試してみたくなった。締め切りまでに数本トラバしてみた。

 結果、どうした事か、私の文章が選ばれていた。

 その頃には、他で全くの私日記や詩・散文を書くためのもの、などなど、色んな用途別にブログをいくつか抱えていた。 このブログは、基本的にトラバ専用に近かった。こんなネット生活をしていて、自分では充実していると思い込んでいた。中身は空っぽになっていっているにもカカワラズ・・・

 いわゆる「ネット依存」という状態である事に気付かず、さらに心神的パワーは弱まりつつあった。 飲まなければいけない薬も飲まず、どんどんヒドくなっていく症状。 私は心療内科を替え、きちんと「ケースワーカー」の対話時間を持てるトコロに通い始めた。その方との出会いで、症状は少しずつだけれど、快方に向かっているようだ。 まぁ、そうでなければ、あの本の発刊記念打ち上げにすら、参加できていなかっただろうし・・・。

 今は、PCに向かう時間も決め、ココ以外のブログで、本当に普段の日記を書き、詩や散文を書いたりしている。 そして、今流行りのSNS、それに似たものにも入ってはいるが、自分の時間との折り合いを付けて、マイペースで出来ていると思う。

 室井さんのブログのおかげで、色んな方々とも知り合いになれたコトも、私の中で大切な経験となった。

 さて、本題。室井さんが最後に何か質問やコメントをとおっしゃっている。

 コメントは別に何もない。この長きに渡り、執筆とコメンティター業の多忙な中、本当にオツカレサマでしたということだけ・・・かな。 読み手である私たちに、ご自身の経験を交えて、色んなコトを教えていただいたような気がする。 室井さんの喜怒哀楽、子育てに関する考え、命とは、友人の大切さ・・・色んなコトを感じるコトが出来た。 心から感謝しています。

 質問・・・このブログが無くなったら、室井さんとの細い細い糸のような連絡経路が無くなるコトが、気がかりかなぁ・・・。 あの打ち上げの時も励ましてもらったし・・・。 ドナタかが書かれていたけど、「このブログは」という意味深な書き方に望みを託そう。 本当にお疲れさまでした。 これからも元気な室井さんをテレビを通じて応援しています。


 追記。

 もし、このブログ閉鎖が、単なる契約などの理由でなく、室井さんの意思によるものならば・・・。 女性って、色んな局面に出くわした時、何かしらの変化、決意をするものだと思う。 ひょっとして・・・ 何かオメデタイご報告でもありそうなのでしょうか?笑
 

|

« 書くことない。 | トップページ | じゃあ、また! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83551/3489043

この記事へのトラックバック一覧です: とりあえず・・・:

» ☆ さようなら室井佑月さん ☆ [民間思想盟団 ラフレシア ●←ここをクリック]
 ラフレシアのメンバーは“室井佑月さんが大好き”というライターで構成されています [続きを読む]

受信: 2006-09-20 02:02

» ☆ さようなら室井佑月さん ☆ [民間思想盟団 ラフレシア ●←ここをクリック]
 ラフレシアのメンバーは“室井佑月さんが大好き”というライターで構成されています [続きを読む]

受信: 2006-09-23 02:54

« 書くことない。 | トップページ | じゃあ、また! »